ミニマリスト品川太郎の雑記ブログ 〜海外旅行・家電やサービスの体験談紹介〜

品川区在住ミニマリストが海外旅行やサービス体験談を発信中。週末や連休は弾丸日程でも海外旅行に行きたい(願望)。

※本サイトはプロモーションが含まれています。

 

Klook 初回予約10%OFFクーポンコード:「APP10TW
アクティビティ600円OFFクーポンコード:「KLKKTC600

Klook.com

【搭乗記】MIATモンゴル航空で成田-ウランバートル往復フライト体験談 オンラインチェックイン・機内食・座席・モニター・獲得マイルなど実体験紹介(OM502/OM501)

 

◆このページを読むのにおすすめな人◆
  • コロナ後にモンゴル旅行を計画している人
  • 海外の航空会社の機内諸侯や座席・モニターなどの情報を知りたい人
  • MIATモンゴル航空の搭乗実体験やレビューを知りたい人

このページで紹介する内容は、、

【MIATモンゴル航空の機内食、座席、モニターなどフライト体験談】

 

【実録】モンゴルには直行便で行くべき? MIATモンゴル航空で成田-ウランバートル往復便の搭乗体験より座席・機内食・モニターなど紹介

【搭乗記】MIATモンゴル航空で成田-ウランバートル往復フライト体験談 オンラインチェックイン・機内食・座席・モニター・獲得マイルなど実体験紹介(OM502/OM501)

 

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

◆プロフィール◆
  • 品川区在住のサラリーマン
  • 趣味は海外旅行
  • 連休はほぼ海外へ渡航
  • 通算20ヵ国以上(コロナ後に10ヵ国以上)
  • 海外旅行のスタイルは【定番観光地を効率的に巡る】

 本文はここから
 

 

【はじめに】①モンゴルは旅行しやすい?

【はじめに】①モンゴルは旅行しやすい?

◆ポイント◆
  • モンゴルは中国とロシアの間に位置する中央アジアの国で、夏は30℃・冬は-40℃と温度差が激しい自然環境豊かな国
  • 遊牧民や乗馬で有名な国で、かつてのモンゴル帝国のチンギスハーン像などモンゴルらしい観光スポットがいくつもある
  • 一方で、ウランバートル市内など都市部は発展しており、アジアというよりもヨーロッパ・ロシアのような街並み
    • モンゴルでもロシアと同じキリル文字が使われている

 

地理・気温

モンゴルは、中国とロシアの間に位置する中央アジアの国で、その独自の自然環境と歴史的な魅力から旅行者にとって魅力的な場所となっています。夏季は気温が摂氏30度に達し、一方で冬季は摂氏-40度まで冷え込むなど、極端な気温差が特徴です。

観光スポット

この国は、遊牧民や乗馬文化で知られ、かつてのモンゴル帝国の影響を感じることができます。例えば、チンギスハーンの像など、歴史的な観光スポットが数多く存在します。

都市部・街並み

一方で、首都のウランバートル市などの都市部は近代的で発展しており、アジアというよりもヨーロッパやロシアの都市の雰囲気を感じることができます。モンゴルでも、ロシアと同じくキリル文字が使用されています。

モンゴルはその独自の文化と美しい自然環境、歴史的な遺産を堪能できる場所として、多くの旅行者にとって魅力的な冒険の地となっています。

 

【参考】モンゴル旅行の決済事情

>> モンゴル旅行でVISAタッチ決済を利用した体験談

 

【MIATモンゴル航空体験談】②モンゴルにはどうやって行ける?直行便はある?

【MIATモンゴル航空体験談】②モンゴルにはどうやって行ける?直行便はある?

◆ポイント◆
  • 直行便・トランジット2種類の行く方法がある
  • 直行便は「MIATモンゴル航空」と「アエロモンゴリア」のみ就航しており、片道4時間〜6時間で行ける
    • 一般的に航空券を予約できるのは「MIATモンゴル航空」のみ
    • 往路は6時間、復路は4時間半のフライト時間
  • トランジットは韓国・中国経由など様々なパターンがあり、直行便より安いが時間がかかる

 

直行便で行く場合

直行便は、「MIATモンゴル航空」と「アエロモンゴリア」が運航しており、片道4時間から6時間ほどで目的地に到達できます。一般的に航空券を予約できるのは「MIATモンゴル航空」のみで、往路は6時間、復路は4時間半ほどのフライト時間がかかります。

乗り継ぎ便で行く場合

一方、トランジットの方法もあり、韓国や中国経由など様々なパターンが存在します。トランジットは直行便よりも安価な場合が多い一方で、時間がかかることがあります。選択する際には、所要時間や経由地に応じて自身のスケジュールに合った便を選ぶことが重要です。

モンゴルへの旅行は、航空機の選択肢やフライトのスケジュールを考慮することで、快適で効率的な旅行が実現できるでしょう。

 

【参考】モンゴル観光モデルコース

>> モンゴル旅行の3泊4日観光モデルコース

 

【MIATモンゴル航空体験談】③MIATモンゴル航空とは?

【MIATモンゴル航空体験談】③MIATモンゴル航空とは?

◆ポイント◆
  • モンゴルの航空会社
  • アライアンスには加盟していないが、JALとコードシェアしており、JALでも予約することができる
    • 実際に搭乗するのはMIATモンゴル航空便

 

MIATモンゴル航空は、モンゴルを拠点にする航空会社であり、その国内および国際線での運航を担当しています。この航空会社は、特定の航空連合に加盟していないものの、日本航空(JAL)とコードシェア契約を結んでおり、JALを通じて航空券を予約することが可能です。

MIATモンゴル航空は、モンゴルを代表する航空会社として、モンゴルと世界各地を結ぶ役割を果たしています。実際の搭乗はMIATモンゴル航空の便で行われ、モンゴルの文化やサービスを体験しながら、快適な空の旅を楽しむことができます。JALとの連携により、便利な予約手続きや利便性が提供され、旅行者にとって心地よいモンゴルへの航空体験を提供しています。

 

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空OM502 往路(成田-ウランバートル)搭乗体験談

予約

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • MIATモンゴル航空の直営サイトやJALの直営サイト、スカイスキャナーなどの旅行会社サイトで購入ができる
    • MIATモンゴル航空便で予約した方がJAL便よりも安いが、JALで予約しないとマイル付与やラウンジ利用できない
  • 往復で7万円〜8万円で購入でき、連休や直前でも10万円以内で予約できる
    • JAL経由で予約する場合、10万円〜15万円程度の価格

 

チェックイン

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • MIATモンゴル航空のホームページ・アプリからオンラインチェックインができる
    • 48時間前からチェックイン可能
    • オンラインチェックイン時に無料で座席指定ができる
  • 当日は3時間前から成田空港第二ターミナルのカウンターにてチェックイン可能
    • オンラインチェックインした場合でも、航空券をもらうことや荷物を預けるためにカウンターへ向かう必要がある

 

荷物

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • カウンターでチェックイン時に荷物の重さを測って預ける
  • 手荷物が5kg以内と世界中の航空会社の中でも制限が厳しい
    • 筆者は手荷物を図られることはなかったが、他の乗客は荷物を入れ直している様子もあり、明らかに重量オーバーしている荷物は測られることも
  • 預ける荷物も航空券代に含まれているため無料
    • LCCではないため預入荷物を利用すると良い

 

 

搭乗

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 時間になると機内へ乗り込み
  • 往路はゾーン制はなく随時乗り込む形式

 

機内設備

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 2列-3列-2列の小型な機内
  • ブランケットや枕、イヤホンは標準装備されていない
    • ブランケット・イヤホンは機内で配られている
  • 座席にモニターが搭載されている
    • モンゴル現地の映画やハリウッド映画が数本で、日本の人が楽しむにはむの足りないことも
  • Wi-Fiは繋がっているが、MIATモンゴル航空のサイトのみ利用可能
    • モニターが付いていなくても、スマホで同じ機能を利用できる
  • 充電するコンセントの穴はあるが、モニターが付いていても反応しなかった
  • 機内はかなり寒いため、手荷物に上着やタイツなどを持参することがおすすめ

 

機内食

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • フライトの中間あたりで機内食が配られる
  • 食事はビーフとチキンから選ぶことができる
    • ビーフの方が人気で、後ろの方の席の場合チキンしか選べないことも
    • 筆者はビーフが品切れでチキンを選択。。
  • 食事も比較的美味しい
  • ドリンクはビール・ワインやソフトドリンクから選ぶことができる
  • 食後にコーヒー・紅茶が配られる

 

到着

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

【MIATモンゴル航空体験談】④MIATモンゴル航空 往路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 6時間のフライトでウランバートル・チンギスハーン国際空港へ到着
  • 到着後は標識に従って入国審査へ
    • モンゴル入国には書類記入の必要がないため、機内で何も配られなくても心配なし

 

 

【参考】モンゴル旅行の両替事情

>> モンゴルの現地ATMでキャッシング体験談

 

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空OM501 復路(ウランバートル-成田)搭乗体験談

予約

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 往路とまとめて購入がおすすめ

 

チェックイン

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 往路同様に48時間前からオンラインチェックインが可能
    • オンラインチェックインをした場合でも、当日カウンターに行く必要がある
  • チンギスハーン国際空港のターミナルは1つのみで、MIATモンゴル航空のカウンターにてチェックイン
    • 空港のチェックインカウンターのほぼ全てがMIATモンゴル航空で、路線ごとにカウンターも分かれていない
  • フライト3時間前にカウンターでチェックインが可能

 

荷物

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • チェックインカウンターにて預ける
  • 機内持ち込み荷物の重さは往路同様に測られなかったが、5kgの制限あり

 

 

搭乗

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 時間になり搭乗ゲートへ
    • 航空券に記載の搭乗時間より遅れることも
  • 復路もゾーン制ではなく、ビジネスクラス・エコノミークラスの区分のみ

 

機内設備

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 往路と同じ機体・機内設備
  • 復路はモニターが表示されない不具合があった
  • Wi-Fiは繋がっているが、MIATモンゴル航空のサイトのみ利用可能
    • モニターが付いていなくても、スマホで同じ機能を利用できる
  • 空いている席には自由に移動が可能
    • 実際に移動している日本人も何人かいた
  • 日本に近づくにつれて気温が高くなるため、機内で脱げる防寒具がおすすめ

 

機内食

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 往路同様にフライトの中間あたりで配られる
  • ビーフとチキンから選ぶことができる
    • 復路はビーフを選択
  • 各種アルコールやソフトドリンク1杯と食後のコーヒー・紅茶をもらうことができる

 

到着

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 成田空港第二ターミナルに到着
  • 税関の書類記入 or Visit Japan Webの事前登録
    • 事前にオンラインで税関申請しておくと便利

 

【MIATモンゴル航空体験談】⑥成田-ウランバートル往復搭乗でANA・JALマイルはいくら貯まる?

【MIATモンゴル航空体験談】⑥成田-ウランバートル往復搭乗でANA・JALマイルはいくら貯まる?

◆ポイント◆
  • MIATモンゴル航空はANA・JALとマイレージ提携していないため、マイルを獲得できない
  • MIATモンゴル航空の自社マイレージ制度を利用する場合はマイルが貯まるが、定期的にモンゴルへ行く予定のない人には恩恵が少ない

 

MIATモンゴル航空を利用した成田からウランバートル間の往復フライトでは、ANAやJALのマイルを獲得することはできません。MIATモンゴル航空はANAやJALとのマイレージ提携を行っていないため、これらの航空会社のマイルプログラムには加算されません。代わりに、MIATモンゴル航空の自社マイレージ制度を利用することでマイルを貯めることができますが、定期的にモンゴルへ行く予定のない人にとっては恩恵が少ないかもしれません。

 

マイル獲得の制限

MIATモンゴル航空の特徴として、ANAやJALとのマイレージ提携が行われていないことが挙げられます。そのため、この航空会社を利用した場合、他の航空会社と比べてマイルを獲得することが難しいです。

 

自社マイレージ制度の活用

ただし、MIATモンゴル航空は独自のマイレージ制度を持っており、その利用によってマイルを獲得することができます。しかし、モンゴルへの旅行が頻繁にない場合は、この制度の恩恵を受けることが難しいでしょう。


MIATモンゴル航空を利用する際には、マイル獲得だけでなく、価格やサービス、利便性など、総合的な観点から航空会社を選択することが重要です。また、旅行計画を立てる際には、これらの要素を十分に考慮して最適な選択を行いましょう。

 

【MIATモンゴル航空体験談】⑦MIATモンゴル航空利用時に注意すべきことは?

【MIATモンゴル航空体験談】⑤MIATモンゴル航空 復路搭乗体験談

◆ポイント◆
  • 週に数便・1日1便しか就航していないため、スケジュール調整に要注意
    • 週末なら金曜日昼に出発し、月曜日朝に帰る予定になる
  • JALやワンワールド利用者はJAL経由で予約した方が良い
    • マイルが貯まることや上級会員はラウンジが利用できる

 

MIATモンゴル航空を利用する際には、いくつかの注意点があります。まず、この航空会社は週に数便、そして1日に1便しか就航していないため、スケジュールの調整が非常に重要です。週末を利用する場合、金曜日の昼に出発し、月曜日の朝に帰るようなスケジュールが一般的です。

特にJALやワンワールドの利用者は、JALを介して航空券を予約することがお勧めです。これにより、MIATモンゴル航空のフライトを含む複数の航空会社を利用する際のスムーズな手続きが期待できます。

また、MIATモンゴル航空を利用することで、JALのマイルが貯まる利点があります。上級会員であれば、空港でのラウンジを利用することも可能です。これらのサービスを最大限に活用するために、事前にスケジュールや航空券の予約方法を確認し、計画的な旅行を心掛けると良いでしょう。

【参考】モンゴル旅行の宿泊事情

>> モンゴル旅行で都市部・ゲル宿泊した実体験比較 

 

【まとめ】モンゴル旅行は直行便で行くべき?

【まとめ】モンゴル旅行は直行便で行くべき?

  • 直行便はMIATモンゴル航空のみ就航している
  • 片道4時間〜6時間のフライトのため直行便利用がおすすめ
  • JAL会員はJAL経由で予約した方がお得

 

モンゴルへの旅行を考える際には、直行便を利用することがおすすめです。現在、モンゴルへの直行便はMIATモンゴル航空のみが就航しており、片道4時間から6時間ほどのフライト時間で目的地に到達できます。これにより、効率的かつ快適な旅行が可能となります。

特に、日本航空(JAL)の会員であれば、JALを介して航空券を予約することでお得な特典が得られます。また、MIATモンゴル航空を利用することでJALのマイルが貯まり、上級会員はラウンジを利用できるなどのメリットもあります。総合的に考えて、モンゴル旅行では直行便を活用することで、スムーズで充実した旅を楽しむことができます。

 

【参考】モンゴル旅行の総額費用

>> モンゴル3泊4日1人旅の総額費用公開

 

【さいごに】MIATモンゴル航空以外の海外航空会社の搭乗記は?

【さいごに】MIATモンゴル航空以外の海外航空会社の搭乗記は?

筆者はコロナ後に10ヵ国以上海外旅行に行っていますが、基本的に費用を安く抑えた旅行をしています。

そのため、日系エアラインのANA・JALは全く使わずに、海外の航空会社を利用しています。

しかしながら、馴染みの薄い海外の航空会社を利用する際、機内設備や機内食の様子、サービスの利用する際の注意事項など、気になる点はいくつもあると思います。

そこで、筆者の搭乗記をいくつかまとめていますので、参考にしてもらえると嬉しいです!

 

【参考】外資系航空会社の搭乗記まとめ

海外:アジア路線

>> 【アシアナ航空】 深夜1時の羽田-仁川便搭乗記 

>> 【香港エクスプレス】羽田-香港往復搭乗記

>> 【キャセイパシフィック】成田-香港往復搭乗記

>> 【エアアジア】羽田-クアラルンプール往復搭乗記

>> 【スクート】成田-シンガポール往復搭乗記 

>> 【ベトナム航空】成田-ホーチミン便搭乗記

>> 【ベトナム航空】ハノイ-成田便搭乗記

>> 【ロイヤルブルネイ航空】国営FSCで直行便搭乗記

>> 【MIATモンゴル航空】成田-ウランバートル往復フライト体験談

海外:オセアニア路線

>> 【ヴァージンオーストラリア航空】羽田-ケアンズ往復搭乗記 

海外:ヨーロッパ路線

>> 【キャセイパシフィック】香港トランジットでロンドン往復便体験談

>> 【ブリティッシュエアウェイズ】ロンドン-エディンバラ日帰り搭乗記 

>> 【フィンエアー】羽田-ヘルシンキ往復フライト搭乗記

>> 【ルフトハンザ航空】ベルリン-ミュンヘン便フライト搭乗記  

>> 【LOTポーランド航空】ワルシャワ-成田フライト搭乗記 

>> 【ユーロウイングス】 ケルン-ベルリン便フライト搭乗記 

 

【おすすめ】失敗しない!おすすめの海外旅行予約方法

海外旅行の航空券は航空会社の直営サイトよりも、旅行会社経由で予約した方がお得です。

筆者はスカイスキャナーなどの旅行会社比較サイトも利用していますが、結果的にTrip.com経由で予約していることが多いです。

※実際にTrip.com経由で予約しました。

 

Trip.comを利用するメリット:

  1. 直営サイトや他サイトよりも航空券代が安い
  2. 同じサイトで予約し続けることでポイントが貯まって割引が受けられる
  3. 海外の現地空港の搭乗ゲート情報など、リアルタイムで最新情報をもらえる
  4. 何度も利用して会員ランクが上がると、空港ラウンジが無料で使えるように

 

【筆者も利用】海外旅行のおすすめ予約サイト

↓↓↓海外旅行の航空券を安く予約できるサイト