ミニマリスト品川太郎の雑記ブログ 〜海外旅行・家電やサービスの体験談紹介〜

品川区在住ミニマリストが海外旅行やサービス体験談を発信中。週末や連休は弾丸日程でも海外旅行に行きたい(願望)。

※本サイトはプロモーションが含まれています。

 

Klook 初回予約10%OFFクーポンコード:「APP10TW
アクティビティ600円OFFクーポンコード:「KLKKTC600

Klook.com

【注意】クアラルンプール空港ではプライオリティパスでラウンジに入れない? KLIA2でエアアジア便利用時のラウンジ体験談

 

◆このページを読むのにおすすめな人◆
  • クアラルンプール国際空港を利用する予定のある人
  • エアアジアなどLCCで安くマレーシア旅行したい人
  • プライオリティパスでラウンジを利用したい人

このページで紹介する内容は、、

【クアラルンプール空港T2の、プライオリティパスラウンジ実体験】

 

f:id:aihtditsmb:20230615141722j:image

 

 

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

◆プロフィール◆
  • 品川区在住のサラリーマン
  • 趣味は海外旅行
  • 連休はほぼ海外へ渡航
  • 通算20ヵ国以上(コロナ後に10ヵ国以上)
  • 海外旅行のスタイルは【定番観光地を効率的に巡る】

 本文はここから
 

 

【はじめに】①クアラルンプール国際空港(KLIA)とは?

f:id:aihtditsmb:20230615141422j:image

◆ポイント◆
  • クアラルンプール国際空港(KLIA)はターミナル1とターミナル2に別れている
  • それぞれ電車で別の駅で、ターミナル2のほうが都市部から離れている
  • 通常KLIA1と KLIA2と呼ばれている

クアラルンプール国際空港(KLIA)は、マレーシアの首都クアラルンプールに位置する国際空港です。この空港は主に2つのターミナル、ターミナル1とターミナル2からなります。それぞれのターミナルは異なる駅に接続されており、ターミナル2は都市部から離れた場所に位置しています。一般的に、これらのターミナルはKLIA1とKLIA2と呼ばれています。

KLIA1は、主に国際線のフライトに利用されており、多くの主要航空会社がここを拠点としています。また、KLIA1には高級なショッピングエリアやレストラン、ラウンジなどの施設も充実しています。

一方、KLIA2は、主にローコスト航空会社(LCC)が利用するターミナルです。LCCは一般的に低価格の航空運賃を提供しており、KLIA2はそのような航空会社のために設計されています。KLIA2にもショッピングや飲食店の施設があり、旅行者にとって便利な環境が整っています。

KLIAへのアクセスには、クアラルンプール市内からの電車やタクシーを利用することが一般的です。KLIAエクスプレスと呼ばれる高速鉄道は、市内とKLIA1を結んでおり、便利な交通手段となっています。また、KLIA2へのアクセスには、KLIAトランジットと呼ばれるシャトルバスサービスを利用することができます。

クアラルンプール国際空港は、マレーシアや東南アジアへの旅行の主要なゲートウェイとして重要な役割を果たしています。快適な施設や交通アクセスの良さから、多くの旅行者が利用する国際空港となっています。

 

【KLIA2プライオリティパスラウンジ実体験】②クアラルンプール国際空港のターミナルはどう違う?

f:id:aihtditsmb:20230615141454j:image

◆ポイント◆
  • 基本高いANAやJAL、マレーシア航空などアライアンス系の航空会社はKLIA1(ターミナル1)を利用
  • KLIA2(ターミナル2)はエアアジアなどLCC系の航空会社が就航

クアラルンプール国際空港(KLIA)のターミナル間の違いは、主に利用する航空会社の種類によって明確に分けられます。基本的に、ANAやJAL、マレーシア航空などのアライアンス系の航空会社はKLIA1(ターミナル1)を利用し、エアアジアなどのLCC(格安航空会社)系の航空会社はKLIA2(ターミナル2)を利用します。

KLIA1は、主に国際線のフライトに特化したターミナルです。ここでは、多くの国際航空会社が出発・到着するため、設備やサービスが充実しています。高級なショッピングエリアやレストラン、ラウンジなどが提供されており、快適な待ち時間を過ごすことができます。

一方、KLIA2は、主にLCC系の航空会社が就航するターミナルです。LCCは一般的に低価格の航空運賃を提供しているため、経費節約のために設計された施設があります。KLIA2にもショッピングや飲食店の施設がありますが、規模はKLIA1に比べて小さくなっています。

KLIA1とKLIA2の間には、移動手段としてKLIAトランジットと呼ばれるシャトルバスサービスが運行されています。このサービスを利用することで、KLIA1とKLIA2をスムーズに移動することができます。

クアラルンプール国際空港のターミナル間の違いは、航空会社の選択や利用するフライトの種類によって異なります。旅行者は自身の航空会社やフライトの情報を確認し、正しいターミナルに向かうように注意する必要があります。

【参考】エアアジア直行便搭乗記

>> LCCエアアジアでクアラルンプール往復旅行体験談

 

【KLIA2プライオリティパスラウンジ実体験】③KLIA2でプライオリティパスで入れるラウンジはある?

f:id:aihtditsmb:20230615141511j:image

◆ポイント◆
  • 2023年6月現在、Sky Suite Airport Lounge、Travel Club Lounge×2が利用できる
  • 出発前に1箇所、搭乗前に2箇所の計3箇所あるが、ゲートによっては利用できない

※追記:読者からのコメントで、出発前ではなく出国通過後・手荷物検査前に利用できるラウンジがあるとのことでした…!

 

2023年6月現在、クアラルンプール国際空港のKLIA2には、プライオリティパスを利用して入れるラウンジが3箇所あります。ただし、ゲートによっては利用できない場合があることを覚えておいてください。

1つ目のラウンジは「Sky Suite Airport Lounge」です。このラウンジは出発前に利用することができ、プライオリティパス会員はここでくつろぐことができます。スタイリッシュで快適な雰囲気のラウンジで、無料Wi-Fi、飲み物、軽食、新聞や雑誌の提供などのサービスが利用できます。

2つ目のラウンジは「Travel Club Lounge」です。このラウンジは搭乗前に利用することができ、プライオリティパス会員も利用可能です。こちらのラウンジも快適な環境でくつろぐことができ、無料Wi-Fiや軽食、ドリンク、新聞などが提供されています。

また、KLIA2にはもう1つの「Travel Club Lounge」も存在します。こちらも搭乗前に利用できるラウンジで、プライオリティパス会員が利用することができます。このラウンジも同様に快適な環境とサービスを提供しています。

ただし、重要なポイントとして、ゲートによってはプライオリティパスが利用できない場合があります。したがって、利用を予定しているゲートが対応しているかどうかを確認することが重要です。空港の案内表示や情報デスクで、プライオリティパスが利用可能なラウンジの情報を入手することをおすすめします。

以上が2023年6月現在、KLIA2でプライオリティパスを利用して入れるラウンジの情報ですが、空港の施設やサービスは変更される場合がありますので、最新の情報を事前に確認することをお勧めします。

 

【KLIA2プライオリティパスラウンジ実体験】④なぜエアアジア便だとプライオリティパスでラウンジに入れなかったのか?

f:id:aihtditsmb:20230615141531j:image

◆ポイント◆
  • プライオリティパスラウンジがあるのはゲートJ・KかゲートL
  • KLIA2では各ゲートごとに手荷物検査場があり、上記以外のフライトでは利用できない
  • 筆者が利用したエアアジア便はゲートQで、J,K,Lは通過しない場所だった
    • 出発前のラウンジは利用できたが、余裕持って搭乗前にくつろぎたいと考えていたため手荷物検査まで通過してしまい、後から使えないことに気付いた…
    • (親切な方のコメントより)現在はプライオリティパスで入れるラウンジがサテライトの中央にあるため利用できるとのこと

エアアジア便ではプライオリティパスでラウンジに入れなかった理由は、KLIA2のゲートの配置と手荷物検査場の関係によるものです。KLIA2では、各ゲートごとに手荷物検査場が設けられており、プライオリティパスラウンジがあるのはゲートJ・KまたはゲートLのエリアです。つまり、それ以外のゲートではプライオリティパスラウンジを利用することができません。

筆者が利用したエアアジア便のゲートはQであり、J、K、Lのエリアを通過しない場所にありました。そのため、プライオリティパスラウンジを利用することができず、ラウンジに入ることができませんでした。

出発前のラウンジは利用することができましたが、筆者は搭乗前にゆっくりくつろぐためにもう1つのラウンジを利用したかったため、手荷物検査場まで通過してしまいました。後から気付いたのですが、エアアジア便のゲートQはプライオリティパスラウンジがないエリアであり、利用することができないことがわかりました。

このように、KLIA2では各ゲートの配置や手荷物検査場の位置によって、プライオリティパスラウンジの利用が制限されることがあります。次回利用する際には、出発前にゲートの情報を確認し、利用可能なラウンジがあるゲートに向かうようにすることが重要です。

【参考】マレーシア旅行の現金両替事情

>> マレーシア旅行でキャッシュレス決済を試みた体験談  

 

【KLIA2プライオリティパスラウンジ実体験】⑤プライオリティパスが利用できない場合、KLIA2のゲートQ付近ではどうすれば良いか?

f:id:aihtditsmb:20230615141550j:image

◆ポイント◆
  • マクドナルドやバーガーキング、ローカルレストランなどで食事をする
  • コスタコーヒーなどカフェで充電しながら時間を潰す
  • マレーシアのお土産を購入する

プライオリティパスが利用できない場合、KLIA2のゲートQ付近では以下のような方法で時間を過ごすことができます。

まず、マクドナルドやバーガーキングなどのファストフードチェーンやローカルレストランで食事を楽しむことができます。これらの店舗では様々なメニューが提供されており、食事をしながら時間を潰すことができます。

また、コスタコーヒーや他のカフェでコーヒーや軽食を楽しみながら充電することもできます。カフェではWi-Fiも提供されていることが多く、電子デバイスを使いながらくつろぐこともできます。

さらに、KLIA2には多くのお土産店がありますので、マレーシアのお土産を購入することもおすすめです。特産品やお菓子、工芸品など、多彩な商品が揃っていますので、思い出に残るお土産を見つけることができるでしょう。

以上の方法で、プライオリティパスラウンジが利用できない場合でも、KLIA2のゲートQ付近で充実した時間を過ごすことができます。お好みの食事や飲み物を楽しみながら、ショッピングやリラックスする時間を過ごしてください。

 

【KLIA2プライオリティパスラウンジ実体験】⑥エアアジア便でクアラルンプール旅行する場合、おすすめの過ごし方は?

f:id:aihtditsmb:20230615141606j:image

◆ポイント◆
  1. オンラインで事前チェックインする
  2. 出発前にプライオリティパスラウンジを利用する
  3. 余裕持って出国ゲートに進み、手荷物検査を通過する
  4. 搭乗時間まではカフェやレストランで時間を潰す
  5. 搭乗時間前に搭乗ゲートに移動する

エアアジア便でクアラルンプール旅行をする場合、プライオリティパスユーザーにおすすめの過ごし方は以下の通りです。

まず、オンラインで事前チェックインを行うことをおすすめします。これにより、空港での手続き時間を短縮できます。

出発前にはプライオリティパスラウンジを利用しましょう。ラウンジでは快適な空間でくつろぎながら、無料Wi-Fiや軽食、ドリンクなどのサービスを利用することができます。

出発までの時間に余裕を持って、出国ゲートに進み、手荷物検査を通過しましょう。この段階で一度手荷物検査場を通過してしまうと、プライオリティパスラウンジを利用することはできないため、注意が必要です。

搭乗時間までは、空港内のカフェやレストランで食事や飲み物を楽しんだり、お土産のショッピングを楽しんだりすることができます。KLIA2には多くの飲食店やショップがありますので、自分の好みに合わせて過ごすことができます。

搭乗時間が近づいたら、搭乗ゲートに移動しましょう。フライトの搭乗ゲートは搭乗券や案内表示で確認できます。しっかりと時間に気を付けながら、搭乗ゲートに向かいましょう。

以上が、エアアジア便でクアラルンプール旅行をする際のプライオリティパスユーザーにおすすめの過ごし方です。快適なラウンジ利用や空港内での食事やショッピングを楽しみながら、スムーズな搭乗を目指しましょう。

 

【まとめ】クアラルンプール国際空港ではプライオリティパスでラウンジに入れない!?

f:id:aihtditsmb:20230615141637j:image

  • クアラルンプールはKLIA1とKLIA2のターミナル2箇所
  • エアアジアなどLCCではKLIA2を利用する
  • 出国後にプライオリティパスラウンジは利用できないため、出国前に利用するかレストランやカフェで時間を潰す

クアラルンプール国際空港では、プライオリティパスを利用してラウンジに入ることができない場合があります。クアラルンプール国際空港はKLIA1とKLIA2の2つのターミナルがあります。一般的に、ANAやJAL、マレーシア航空などのアライアンス系の航空会社はKLIA1(ターミナル1)を利用し、エアアジアなどのLCC系の航空会社はKLIA2(ターミナル2)を利用します。

特に注意が必要なのは、出国後にプライオリティパスラウンジが利用できないことです。KLIA2では、各ゲートごとに手荷物検査場が設けられており、プライオリティパスラウンジがあるのは限られたゲートのエリアです(通常はゲートJ・K、またはゲートL)。エアアジアなどのLCC便を利用する場合、手荷物検査場を通過する前にプライオリティパスラウンジを利用することはできません。そのため、出国前にプライオリティパスラウンジを利用するか、レストランやカフェで時間を過ごすことがおすすめです。

プライオリティパスを利用する際は、事前にゲートの情報や利用可能なラウンジの場所を確認し、スケジュールを計画することが重要です。クアラルンプール国際空港では、プライオリティパスラウンジが利用できない場合でも、飲食店やショップを利用して時間を有意義に過ごすことができます。旅行前にしっかりと情報を収集し、快適な空港体験をお楽しみください。

【参考】国際線ラウンジ利用の裏技紹介

>> 国際線ラウンジを搭乗5時間以上前から利用した実体験 

 

【さいごに】マレーシア・クアラルンプールは1泊2日でも旅行できる?

f:id:aihtditsmb:20230615141701j:image

筆者は2023年6月に初めてのマレーシア・クアラルンプール旅行をしました。

結論として、日本から近く治安も良く物価も安く、週末弾丸旅行でも楽しむことができました。

実際に旅行してみると、トイレの仕組みなど行く前に知りたかったことがいくつもありました。

 

【参考】マレーシア旅行注意事項

>> マレーシア旅行の注意事項まとめ

また、電車やバスの交通網も発達しており、移動しやすい国でした。

【参考】マレーシア旅行の決済事情

>> マレーシア旅行でクレカタッチ決済で乗車した体験談

筆者は海外旅行でプライオリティパスを利用したラウンジ・食事を体験することを旅の楽しみとしています。

筆者がコロナ後の旅行で実際に利用した実体験をまとめているので、参考にしてもらえると嬉しいです。

世界のプライオリティパスラウンジまとめ

>> 【まとめ】世界10ヵ国超のプラパスラウンジ体験談・ランキング

 

 

海外:アジア

>> 【韓国】仁川国際空港 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【台湾】桃園国際空港T1 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【香港】香港国際空港 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【マレーシア】クアラルンプール国際空港2 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【ブルネイダルサラーム】ブルネイ国際空港 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【ベトナム】ホーチミン・タンソンニャット空港プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【ベトナム】ノイバイ国際空港T2 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【カンボジア】シェムリアップ空港プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【モンゴル】チンギスハーン空港プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【アラブ首長国連邦】ドバイ国際空港 プライオリティパスラウンジ体験談