ミニマリスト品川太郎の雑記ブログ 〜海外旅行・家電やサービスの体験談紹介〜

品川区在住ミニマリストが海外旅行やサービス体験談を発信中。週末や連休は弾丸日程でも海外旅行に行きたい(願望)。

※本サイトはプロモーションが含まれています。

 

Klook 初回予約10%OFFクーポンコード:「APP10TW
アクティビティ600円OFFクーポンコード:「KLKKTC600

Klook.com

【実録】マレーシアでVISAタッチは使えない? クレカのタッチ決済でクアラルンプールの電車に乗ったキャッシュレス実体験紹介

 

◆このページを読むのにおすすめな人◆
  • 初めてのマレーシア・クアラルンプール旅行を計画している人
  • なるべく現金を持たずにクレジットカードで決済したい人
  • 海外旅行の移動は効率的にしたい人

f:id:aihtditsmb:20230614140025j:image

【実録】マレーシアでVISAタッチは使えない? クレカのタッチ決済でクアラルンプールの電車に乗ったキャッシュレス実体験紹介

 

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

◆プロフィール◆
  • 品川区在住のサラリーマン
  • 趣味は海外旅行
  • 連休はほぼ海外へ渡航
  • 通算20ヵ国以上(コロナ後に10ヵ国以上)
  • 海外旅行のスタイルは【定番観光地を効率的に巡る】

 本文はここから
 

 

【はじめに】①マレーシアはどんな国?クアラルンプールはどんな都市?

f:id:aihtditsmb:20230614135252j:image

◆ポイント◆
  • マレーシアは東南アジアの国の一つで、複数の島から成り立つ国
  • イスラム教徒が多く、モスクが複数ある
  • クアラルンプールはマレーシアの西側にある首都
  • シンガポールよりやや北側

マレーシアは東南アジアの国の一つで、複数の島から成り立つ国です。この国ではイスラム教徒が多く、様々な場所にモスクが存在します。

 

マレーシアの首都はクアラルンプールであり、国の西側に位置しています。クアラルンプールはシンガポールよりもやや北側に位置しています。この都市はマレーシアの政治、経済、文化の中心地であり、多くの観光名所や近代的な建築物があります。ペトロナスツインタワーやクアラルンプールタワーなど、高層ビル群が特徴的なスカイラインを形成しています。

 

また、クアラルンプールにはショッピングモールやレストラン、ナイトライフエリアなど、多様なエンターテイメント施設があり、観光客に人気の場所です。マレーシアの文化や歴史を体験するためにも、クアラルンプールは訪れる価値のある都市と言えます。

 

【クアラルンプールでタッチ決済体験談】②クアラルンプールの交通手段は?

f:id:aihtditsmb:20230614135313j:image

◆ポイント◆
  • クアラルンプール周辺は電車、バス、タクシー(Grab)で移動できる
  • マラッカなど他都市には長距離バス(2時間〜3時間)で移動できる
  • その他の島には飛行機で移動できる

クアラルンプールでは、様々な交通手段を利用して移動することができます。主な交通手段は電車、バス、タクシー(Grab)です。クアラルンプール周辺には広範囲にわたる電車網が整備されており、便利に移動することができます。一部の主要な観光地やショッピングエリアは電車で簡単にアクセスできます。

 

バスも広く利用されており、市内の各地域をカバーしています。バスの路線は多様で、比較的安価な交通手段です。また、タクシーの利用も一般的で、Grabと呼ばれるアプリを使用して簡単に予約することができます。Grabはマレーシアで一般的に利用されているライドシェアサービスで、便利な移動手段として人気があります。

 

クアラルンプールから他の都市への移動には、長距離バスが利用されます。例えば、マラッカなどの他の都市には、2時間から3時間程度の時間を要するバスで移動することができます。さらに、マレーシアの他の島や都市への移動には、飛行機が便利な手段です。クアラルンプール国際空港(KLIA)やクアラルンプール国際空港2(KLIA2)から国内外の多くの目的地に飛ぶことができます。

 

クアラルンプールでは多様な交通手段を選択することができるため、自身の予定や好みに合わせて移動方法を選ぶことができます。

【参考】エアアジア直行便搭乗記

>> LCCエアアジアでクアラルンプール往復旅行体験談

 

【クアラルンプールでタッチ決済体験談】③クアラルンプールの交通手段でクレジットカードのタッチ決済は使える?

f:id:aihtditsmb:20230614135434j:image

◆ポイント◆
  • 一部路線のみ利用できる
  • 基本的には利用できないため、現金を持ち歩く必要がある

クアラルンプールの交通手段では、クレジットカードのタッチ決済を利用することはできません。一部の路線や交通機関では、クレジットカードを利用して乗車することが可能な場合もありますが、一般的には現金を持ち歩く必要があります。

 

電車やバスの運賃支払いは、現金で行う必要があります。切符売り場や自動券売機で現金を使用して運賃を支払い、乗車券を購入することになります。

 

クアラルンプールでの交通手段では、基本的には現金を持ち歩くことが必要です。クレジットカードやタッチ決済を利用する場合は、現金を事前に両替しておくか、周辺にあるATMから現金を引き出す必要があります。また、一部の大型ショッピングモールやレストランではクレジットカードやタッチ決済を利用できる場合もありますが、公共交通機関では利用できないことが一般的です。

 

【クアラルンプール交通手段】電車

f:id:aihtditsmb:20230614135356j:image

◆ポイント◆
  • 空港から市内を結ぶKLIA transitやバトゥ洞窟へ行くKOMUTER、市内の地下鉄など複数ある
  • クレジットカードのタッチ決済が利用できるのはKLIA(クアラルンプール国際空港)からKLセントラル間の移動のみ
    • VISAタッチもAMEXタッチも利用できた
    • ピンクモスクやバスターミナルはその中間にあるため、クレカのタッチ決済で利用できる
  • その他の路線は利用できないため、券売機でトークン(プラスチック製のコイン)を購入するか、交通系ICカードにチャージする必要がある

クアラルンプールの交通手段の一つとして、電車が利用されています。電車にはいくつかの異なる路線があります。

 

まず、空港と市内を結ぶKLIAトランジットがあります。これはクアラルンプール国際空港(KLIA)と市内のKLセントラル駅を結ぶ路線で、旅行者にとって便利なアクセス手段です。この路線では、クレジットカードのタッチ決済が利用できます。VISAタッチやAMEXタッチなど、さまざまなクレジットカードが使用可能です。KLIAトランジットは空港と市内を行き来する際に利用されることが多いです。

 

また、クアラルンプールの地下鉄も利用できます。地下鉄にはMRT(マス・ラピッド・トランジット)やLRT(ライト・レール・トランジット)の路線があります。しかし、これらの路線ではクレジットカードのタッチ決済は利用できません。そのため、券売機でトークン(プラスチック製のコイン)を購入するか、交通系ICカードにチャージする必要があります。

 

さらに、KLセントラル駅からはバトゥ洞窟へ向かうKTMコミューターと呼ばれる路線もあります。この路線でもクレジットカードのタッチ決済は利用できません。

なお、ピンクモスクやバスターミナルなどの特定の場所は、KLセントラル駅とクアラルンプール国際空港(KLIA)の間に位置しているため、この区間ではクレジットカードのタッチ決済が利用できます。

 

電車を利用する際には、利用する路線によって支払い方法が異なるため、現金の用意や交通系ICカードの利用を考慮する必要があります。

 

f:id:aihtditsmb:20230614135334j:image

◆注意事項◆
  • 改札のタッチする場所は反応がかなり悪い
  • タッチというより、上にカードを乗せて数秒間待つ必要がある
  • それでも反応しない場合、別の改札で試す必要がある
  • 別の改札で試してダメだったケースはなかった

電車の改札に関して注意が必要です。改札のタッチする場所は反応がかなり悪く、実際にはタッチというよりも、カードを上に乗せて数秒間待つ必要があります。改札機が反応しない場合は、同じ改札ではなく別の改札で試す必要があります。通常、別の改札で試した場合でも問題は発生しません。

 

これはクアラルンプールの電車システムの特徴の一つであり、改札機の感度が低いために起こる現象です。改札を通る際には、カードを改札機の上にしっかりと乗せ、しばらく待ってから通過することが重要です。

 

もしカードが反応せず、改札機が開かない場合は、近くに別の改札があるか確認し、そちらで試してみることをおすすめします。経験上、別の改札で試すと問題なく通過できることが多いです。

 

【クアラルンプール交通手段】バス

f:id:aihtditsmb:20230614135501j:image

◆ポイント◆
  • クアラルンプール市内には無料バスもある
  • 有料バスは交通系ICカードで乗車できる
  • 長距離バスは窓口で事前にチケット購入する必要がある
  • カードが使える窓口と使えない窓口がある

クアラルンプールでは、バスも交通手段の一つとして利用することができます。

 

まず、市内では無料のバスも運行されています。これらの無料バスは主要な観光地やショッピングエリアを巡回し、利用者に便利な移動手段として提供されています。

 

一方、有料のバスでは交通系ICカードを使用して乗車することができます。交通系ICカードを所持していれば、バスに乗る際にカードをかざすことで運賃を支払うことができます。カードにチャージされた金額が運賃として自動的に差し引かれます。

 

また、クアラルンプールから他の都市への長距離バスも利用することができます。これらの長距離バスは、事前に窓口でチケットを購入する必要があります。一部のバス会社ではオンライン予約も可能ですが、窓口での購入が一般的です。

 

なお、長距離バスの窓口ではクレジットカードが使用できる場合と使用できない場合があります。一部の窓口ではクレジットカードを利用してチケットを購入することができますが、一部の窓口では現金のみの支払いとなります。必要に応じて現金を準備しておくか、カードが使える窓口を探すことをおすすめします。

 

バスはクアラルンプールで利用される便利な交通手段の一つです。無料バスや交通系ICカードを活用してスムーズに移動することができますが、長距離バスを利用する際には事前のチケット購入や支払い方法の確認が重要です。

 

【クアラルンプール交通手段】タクシー

f:id:aihtditsmb:20230614135524j:image

◆ポイント◆
  • 配車アプリGrabはスマホアプリ上で決済するため、現金不要
  • 現金で払うこともできる
  • 路上やタクシー乗り場で拾うこともできるが、Grabが主流のためタクシー数は少ない

クアラルンプールでの交通手段の一つとして、タクシーがあります。

 

クアラルンプールでは、配車アプリであるGrabを利用することが一般的です。Grabはスマートフォンのアプリ上でタクシーを予約し、乗車時にも決済を行うことができます。このため、Grabを利用する場合は現金が不要で、アプリ上での決済が可能です。Grabは利用者にとって便利な選択肢となっています。

 

ただし、現金での支払いも可能です。タクシーに乗車する際には、料金を運転手に直接支払うことができます。クアラルンプールでは一般的にマレーシアリンギット(現地通貨)が使用されています。

 

また、路上やタクシー乗り場で直接タクシーを拾うこともできますが、Grabが主流となっているため、タクシーの数は比較的少ないかもしれません。特に交通量の多いエリアやピーク時には、タクシーを見つけることが難しい場合もあります。

 

タクシーはクアラルンプールでの移動手段の一つですが、Grabを利用することが推奨されています。Grabを使用すれば、アプリ上での予約や決済がスムーズに行えます。現金での支払いを選択する場合は、マレーシアリンギットを準備しておくことが重要です。

【参考】KLIA2プライオリティパスラウンジ

>> マレーシア・KLIA2 プライオリティパスラウンジ体験談

 

【クアラルンプールでタッチ決済体験談】④クアラルンプール旅行のおすすめの交通手段・決済は?

f:id:aihtditsmb:20230614135550j:image

◆ポイント◆
  • クアラルンプール国際空港到着後、空港で両替する
  • クレジットカードのタッチ決済でクアラルンプール市内まで移動する
  • ペトロナスツインタワーやバトゥ洞窟など、トークンを買って電車移動する
  • ホテルへ向かう際はGrabでホテル前まで移動する

クアラルンプール旅行でおすすめの交通手段と決済方法についてご紹介します。

 

まず、クアラルンプール国際空港に到着した際には、現地通貨であるマレーシアリンギットに両替することをおすすめします。空港内に両替所がありますので、そこで必要な分を両替しておきましょう。

 

クアラルンプール市内への移動には、クレジットカードのタッチ決済が便利です。クアラルンプール国際空港から市内への移動には、KLIAトランジット(KLIA Transit)を利用することができます。この路線ではクレジットカードのタッチ決済が利用可能です。カードをタッチすることで、運賃が自動的に支払われます。

 

市内観光には、ペトロナスツインタワーやバトゥ洞窟などの主要な観光スポットへのアクセスに電車を利用することがおすすめです。電車にはトークン(プラスチック製のコイン)が必要ですが、券売機で購入することができます。ここでもクレジットカードのタッチ決済は利用できませんので、トークンを購入する必要があります。

 

ホテルへの移動には、Grabを利用することをおすすめします。Grabはスマートフォンのアプリを使用してタクシーを予約することができます。Grabはクレジットカードでの決済が可能であり、便利な移動手段となっています。ホテル名や目的地の住所をアプリに入力することで、近くのGrabドライバーが割り当てられ、ホテルまでの移動をスムーズに行うことができます。

 

以上が、クアラルンプール旅行でのおすすめの交通手段と決済方法です。現地通貨に両替しておくことや、クレジットカードを使用してタッチ決済を行うことで、便利に移動できるでしょう。また、Grabを利用することでホテルまでの移動もスムーズに行えます。快適な旅行をお楽しみください。

【参考】マレーシア旅行の現金両替事情

>> マレーシア旅行でキャッシュレス決済を試みた体験談  

 

【クアラルンプールでタッチ決済体験談】⑤レストランやコンビニ、ショッピングモールでクレジットカードは使える?

f:id:aihtditsmb:20230614135618j:image

◆ポイント◆
  • セブンイレブンやファミリーマートなど、コンビニでクレジットカードは使える
  • タッチ決済もできる
  • ショッピングモールや観光地の窓口、ドレスコードが必要なレストランなどはクレジットカードが利用できる
  • 現地の屋台などはクレジットカードは利用できない場所が多い
  • アロー通りの屋台レストランはクレジットカードが利用できた

マレーシアのクアラルンプールでは、レストランやコンビニ、ショッピングモールなどでクレジットカードを利用することができます。

 

まず、コンビニエンスストアではセブンイレブンやファミリーマートなど、一部の店舗でクレジットカードを使用することができます。また、タッチ決済も利用可能です。クレジットカードをかざすことで支払いが完了します。

 

ショッピングモールや観光地の窓口でも、クレジットカードの利用が可能です。多くのショッピングモールでは、主要なクレジットカードブランドが受け入れられています。また、ドレスコードが必要な高級レストランや観光地のレストランでも、クレジットカードを利用することができます。

 

ただし、現地の屋台など一部の場所では、クレジットカードは利用できない場合が多いです。屋台は現金での支払いが一般的であり、クレジットカードの受け入れを行っていないことがあります。

 

一方、アロー通り(Jalan Alor)にある屋台レストランでは、クレジットカードが利用できることがあります。アロー通りは有名な屋台レストランの集まるエリアで、一部のレストランではクレジットカードを受け入れています。

 

したがって、クアラルンプールでは多くの場所でクレジットカードを利用することができます。特にコンビニやショッピングモール、一部のレストランでは利用が可能です。ただし、現地の屋台などでは現金での支払いが必要な場合が多いため、十分な現金を準備しておくことが重要です。

【参考】マレーシア旅行注意事項

>> マレーシア旅行の注意事項まとめ

 

Klook.com

 

【まとめ】マレーシア・クアラルンプールでクレカのタッチ決済は使えない!?

f:id:aihtditsmb:20230614135655j:image

  • クアラルンプールでは空港から市内へ行く電車のみクレジットカードのタッチ決済が利用できる
  • 近距離では配車アプリGrabでスマホ決済で移動するのが便利
  • レストランやコンビニではクレジットカードが使える場所もあるため、なるべく現金を持たない人はクレカが使える場所を選ぶことをおすすめ

 

【参考】1泊2日おすすめ海外旅行先

>> 土日1泊2日で行ける海外旅行先まとめ 

 

【さいごに】初めてのマレーシア・クアラルンプール旅行で注意すべきことは?

f:id:aihtditsmb:20230614135716j:image

筆者は2023年6月に初めてのマレーシア、初めてのクアラルンプール旅行をしました。

治安も良く物価もやや安く観光を楽しめましたが、1点だけどうしても事前に知っておくべきことがありました。

それらをふまえた、マレーシアに初めて旅行する人向けに注意事項をまとめたので、こちらも参考にしてもらえると嬉しいです。

【参考】マレーシア旅行注意事項

>> マレーシア旅行の注意事項まとめ

また、筆者はコロナ後の海外旅行を効率的かつ安全に楽しむため、なるべくクレカのタッチ決済のような便利な方法で海外を移動しています。

他国でクレジットカードを利用した実体験はこちら。

【参考】海外旅行でタッチ決済利用体験談

>> クレカのタッチ決済で電車に乗れる国一覧

 

また、マレーシア以外にも日本から週末弾丸海外旅行できる国はいくつもあります。

筆者が実際に弾丸旅行した国とその実体験をもとにしたモデルコースをいくつか紹介しているので、参考にしてもらえると嬉しいです。