ミニマリスト品川太郎の雑記ブログ 〜海外旅行・家電やサービスの体験談紹介〜

品川区在住ミニマリストが海外旅行やサービス体験談を発信中。週末や連休は弾丸日程でも海外旅行に行きたい(願望)。

※本サイトはプロモーションが含まれています。

 

Klook 初回予約10%OFFクーポンコード:「APP10TW
アクティビティ600円OFFクーポンコード:「KLKKTC600

Klook.com

【レビュー】香港の空港でプライオリティパスで入れるラウンジは? Sapphire LoungeとPlaza Premium Loungeでのトランジット利用体験談

 

◆このページを読むのにおすすめな人◆
  • 香港旅行で香港空港の利用を予定している人
  • ヨーロッパへのトランジットなど、香港経由を検討している人
  • プライオリティパスを所有している人

このページで紹介する内容は、、

【香港空港の、プライオリティパスラウンジ実体験】

 

f:id:aihtditsmb:20230501125842j:image

【レビュー】香港の空港でプライオリティパスで入れるラウンジは? Sapphire LoungeとPlaza Premium Loungeでのトランジット利用体験談

 

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

◆プロフィール◆
  • 品川区在住のサラリーマン
  • 趣味は海外旅行
  • 連休はほぼ海外へ渡航
  • 通算20ヵ国以上(コロナ後に10ヵ国以上)
  • 海外旅行のスタイルは【定番観光地を効率的に巡る】

 本文はここから
 

 

【はじめに】①コロナ禍の香港旅行はできる?

f:id:aihtditsmb:20230501124630j:image

◆ポイント◆
  • 香港旅行は解禁していて、すでに日本から旅行している人も多数
  • 中国からの帰国には規制があったが、香港自治区は規制なし
  • 香港入境する場合は事前に手続き必要だが、トランジットの場合は必要ない

2022年9月以降、新型コロナウイルス感染症の流行による制限措置が緩和され、外国人の入国が解禁されているため、香港旅行は可能です。

 

実際、すでに日本からの旅行者も多数訪れています。香港は中国の自治区であり、中国からの帰国に関する規制はありません。

 

ただし、香港入境する場合は、事前に入境許可書の取得や健康状態の申告が必要です。

 

一部の国からの入境には隔離措置が必要となる場合がありますが、トランジットの場合は、香港を通過するだけであれば、手続きは必要ありません。

 

状況は常に変化しているため、最新情報を確認することが重要です。

 

事前に日本外務省の海外安全ホームページや香港政府のウェブサイトなどで最新情報を確認し、旅行計画を立てましょう。

 

※日本への帰国に関しては、2023年5月よりビジットジャパンウェブの登録が不要となりました。税関のみが必要となるため、コロナ前にほぼ戻ったといえます。

 

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】②香港滞在で利用する空港は?

f:id:aihtditsmb:20230501124722j:image

◆ポイント◆
  • 香港チェクラップコク国際空港を利用
  • ANAやJALに加えてキャセイパシフィックやチャイナエアラインなど、多くの航空会社が直行便を就航

香港でプライオリティパスラウンジを利用するためには、香港チェクラップコク国際空港を利用する必要があります。

 

この空港は、ANAやJALをはじめとする多くの航空会社が直行便を就航させており、キャセイパシフィックやチャイナエアラインなどの航空会社も運航しています。

 

そのため、日本から香港を訪れる場合には、この空港を利用することが一般的です。

 

空港には、様々なサービスや施設があり、プライオリティパス会員であれば、ラウンジを利用することができます。

 

ラウンジでくつろぎながら、待ち時間を快適に過ごすことができます。

 

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】③香港国際空港でプライオリティパスは使える?

f:id:aihtditsmb:20230501124759j:image

◆ポイント◆
  • ターミナル1ではラウンジ4箇所利用できる
    • Plaza Premium Lounge 3箇所
    • Chase Sapphire Lounge 1箇所
  • ターミナル2ではラウンジ利用できない
  • 両ターミナルともレストランで食事の割引を受けることができる

香港国際空港において、プライオリティパスを利用することができます。ただし、ターミナル1とターミナル2での利用可能なラウンジが異なります。

 

ターミナル1では、合計4箇所のラウンジを利用することができます。一方、ターミナル2ではラウンジを利用することができません。

 

ただし、両ターミナルとも、レストランで食事をする際に割引を受けることができます。

 

ラウンジでのくつろぎながらの待ち時間ができない場合でも、レストランでの割引を利用することで、より快適に過ごすことができます。

 

また、プライオリティパス会員には、空港内のショップや施設で割引を受けられる場合もあるため、その点も確認しておくと良いでしょう。

 

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】④香港国際空港T1で利用できるSapphire Loungeでは何ができる?

f:id:aihtditsmb:20230501124846j:image

◆ポイント◆
  • 席数も多く様々なスタイルの席があるため、上質な空間で滞在することができる
  • アルコールなどドリンク類も豊富で、バーで無料でカクテルを注文することもできる
  • 食事もセルフとオーダーの2種類ある

香港国際空港ターミナル1で利用できるSapphire Loungeは、プライオリティパス会員にとって非常に快適な滞在スペースです。

席数が多く、様々なスタイルの席があるため、リラックスして過ごすことができます。

f:id:aihtditsmb:20230501125209j:image

また、アルコールなどドリンク類も豊富に揃っており、バーで無料でカクテルを注文することもできます。

食事についても、セルフサービスで軽食やスナックを楽しむことができるほか、オーダーをすることもできます。

f:id:aihtditsmb:20230501125242j:image
f:id:aihtditsmb:20230501125248j:image

オーダーには時間帯によって制限がある場合もありますが、メニューは豊富で、香港で有名なワンタン麺や牛肉団子をはじめとした中華料理など様々な種類があります。

ラウンジ内には、Wi-Fiなどの設備もあり、長時間の待ち時間を快適に過ごすことができます。

プライオリティパス会員であれば、Sapphire Loungeでのくつろぎの時間を楽しむことができます。

 

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑤Sapphire Loungeを利用した実体験は?

f:id:aihtditsmb:20230501124928j:image

◆ポイント◆
  • 成田-香港-ロンドンの旅行時のトランジットでプライオリティパスラウンジを利用
  • 食事はプライオリティパスラウンジのみで十分満腹感を得ることができる
  • 夕方到着したがレストランは閉まっており、フードコート1店舗のみ営業
  • バーで香港限定のカクテルを飲みながらゆったりと退屈せずに時間を潰すことができた

筆者は成田から香港を経由してロンドンへの旅行の際、香港国際空港T1のSapphire Loungeを利用しました。

空港に到着してすぐにSapphire Loungeを訪れたところ、席数が多く、様々なスタイルの席があるため、上質な空間で滞在することができました。

また、アルコールなどドリンク類も豊富で、バーで無料でカクテルを注文可能でした。

f:id:aihtditsmb:20230501125323j:image

食事に関しては、セルフとオーダーの2種類あり、プライオリティパスラウンジのみで十分な満腹感を得ることができました。

夕方到着したため、レストランは閉まっており、フードコート1店舗のみが営業していたため、非常にありがたかったです。

その後はバーで香港限定のカクテルを飲みながらゆったりと過ごすことができ、長時間のトランジットも退屈せずに過ごすことができました。

総じて、香港国際空港T1のSapphire Loungeは、快適な空間と食事・ドリンク、過ごし方の選択肢の豊富さで非常に満足できるラウンジでした。

 

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑥香港国際空港T1で利用できるPlaza Premium Loungeでは何ができる?

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑥香港国際空港T1で利用できるPlaza Premium Loungeでは何ができる?

◆ポイント◆
  • 同じ名前のラウンジが合計3箇所ある
    • ゲート1、ゲート35、ゲート60付近にある
  • ゲート1・35は出国審査を越えた先にあり、ゲート60はターミナル内の電車で移動した先にある
  • 基本的にどのゲートのラウンジも中身はほぼ同じ
    • 料理メニューは若干違うがほぼ同じ
    • ドリンク・アルコールも同じ
    • Wi-Fiも無料で利用できる
  • ゲート1・35は利用者が多く混雑しており、電車で移動するゲート60はやや空いている
    • 電車移動が必要な場所にある60は空いているが、ゲート40以降の番号の人のみおすすめ

 

香港国際空港のT1ターミナルで利用できるPlaza Premium Loungeについての体験談をお伝えします。このラウンジは、ゲート1、ゲート35、ゲート60の3つの場所に存在しますが、基本的にどのゲートのラウンジも似たようなサービスを提供しています。

料理メニューにはわずかな違いがありますが、どのラウンジでも食事やドリンク、アルコールが楽しめます。また、無料のWi-Fiが提供されており、快適なインターネット接続が可能です。

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑥香港国際空港T1で利用できるPlaza Premium Loungeでは何ができる?

ただし、ゲート1とゲート35のラウンジは出国審査を通過した後に位置しており、一般的には混雑しています。一方、ゲート60のラウンジはターミナル内の電車でアクセスする必要がありますが、通常は混雑が比較的少ないとされています。

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑥香港国際空港T1で利用できるPlaza Premium Loungeでは何ができる?

したがって、ゲート60にあるPlaza Premium Loungeは、ゲート40以降のゲートを利用する旅行者に特におすすめできる場所と言えます。どの場所を選ぶにしても、リラックスして滞在し、食事や飲み物を楽しむことができることでしょう。

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑥香港国際空港T1で利用できるPlaza Premium Loungeでは何ができる?

 

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑦Plaza Premium Loungeを利用した実体験は?

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑦Plaza Premium Loungeを利用した実体験は?

◆ポイント◆
  • 香港・マカオ旅行の帰りにラウンジを利用
  • 初めはゲート1付近のラウンジにいたが、利用便のゲートが40番台と途中で発表があり、その後ゲート60付近のラウンジに移動した
  • ゲート1は混んでいて席を見つけるのが大変なほど
  • 料理は麺類・スープ・揚げ物・サラダなど種類があったが、Sapphire Loungeの方が美味しかった
  • ドリンクも同様にビールなどアルコールは飲めるが、ソフトドリンクやカクテルの種類が少なかった
  • 総合的に、Sapphire Loungeの方が満足度が高く、次回からはそちらを使おうという感想

 

香港・マカオ旅行の帰りにPlaza Premium Loungeを利用した実体験についてご紹介します。最初はゲート1付近のPlaza Premium Loungeに入室しましたが、後に利用する予定の便のゲートが40番台であることが発表され、急遽ゲート60付近のラウンジに移動することにしました。

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑦Plaza Premium Loungeを利用した実体験は?

ゲート1のラウンジは非常に混雑しており、席を見つけるのが少々難しかったです。料理メニューには麺類、スープ、揚げ物、サラダなど様々な種類がありましたが、イギリス旅行のトランジット時に利用した"Sapphire Lounge"の方が料理が美味しいと感じました。

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑦Plaza Premium Loungeを利用した実体験は?

また、ドリンクに関してもアルコール(ビールなど)は提供されていましたが、ソフトドリンクやカクテルの種類が少なかったです。

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑦Plaza Premium Loungeを利用した実体験は?

総合的に、筆者的には"Sapphire Lounge"の方がより満足度が高かったと感じ、次回の利用には"Sapphire Lounge"を使おうと考えています。

空港ラウンジの利用体験は、ラウンジごとに異なることがあるため、評判や口コミを参考にして選ぶのも良いでしょう。

 

【香港プライオリティパスラウンジ体験談】⑧香港国際空港のプライオリティパスラウンジ利用の注意点は?

f:id:aihtditsmb:20230501124959j:image

◆ポイント◆
  • 2023年9月現在は利用できるラウンジ数が拡大しているため、自分の利用ゲートに近いラウンジを使うことがおすすめ
  • ラウンジが選べる状況なら"Sapphire Lounge"を利用すべき
  • どこにも無料のシャワーがないため汗をかいてもさっぱりできない
  • 総じて食事系は多いが、デザート系は数少ない

香港国際空港でのプライオリティパスラウンジを利用する際に留意すべき注意点がいくつかあります。2023年9月現在、ラウンジの数が増加していますが、より快適な旅にするためには以下の点に留意することがおすすめです。

 

まず第一に、自分の利用ゲートに近いラウンジを選ぶことが大切です。空港内には複数のラウンジが存在し、待ち時間を最小限に抑えるために、出発ゲートに近いラウンジを利用することを検討しましょう。

 

また、ラウンジを選ぶ際に、"Sapphire Lounge"を優先的に検討することをおすすめします。実際の利用者からの評判によれば、料理の品質やサービスが高い評価を受けています。

 

一方で、シャワー施設については注意が必要です。香港国際空港のラウンジには無料のシャワー施設が設置されていないため、長時間のフライトや待ち時間中に汗をかいた場合、さっぱりと身を清めることが難しいかもしれません。シャワーが必要な場合は、空港内の有料シャワー施設を検討しましょう。

 

最後に、ラウンジ内の食事に関して、多くの種類が提供されている一方で、デザート系の選択肢が比較的少ないことがあることに留意しましょう。特にデザートが好きな方は、他のラウンジで選択肢を探すことを考えてみてください。

 

これらの注意点を考慮しながら、香港国際空港でのプライオリティパスラウンジを最大限に活用し、快適な旅行を楽しんでください。

 

Klook.com

 

【まとめ】香港国際空港でプライオリティパスラウンジは利用できる?

f:id:aihtditsmb:20230501125118j:image

  • 香港国際空港ではプライオリティパスでターミナル1のラウンジとレストランの割引が利用できる
  • ラウンジはプライオリティパスラウンジの中でも上質でラウンジ内で十分食事ができる
  • 特に”Sapphire Lounge”がおすすめ
  • シャワーがない点は要注意

香港国際空港では、プライオリティパスを持っている場合、ターミナル1のSapphire Loungeで上質な空間で滞在しながら食事やドリンクを楽しむことができます。

 

また、両ターミナルのレストランで食事の割引を受けることもできますが、シャワーがないため注意が必要です。

 

ただし、ターミナル2ではプライオリティパスラウンジの利用はできません。

 

香港国際空港を利用する際は、事前にターミナルや利用できるラウンジを確認しておくことが大切です。

【参考】国際線ラウンジ利用の裏技紹介

>> 国際線ラウンジを搭乗5時間以上前から利用した実体験 

 

 

【さいごに】プライオリティパスが利用できる国と実体験は?

【さいごに】プライオリティパスが利用できる国と実体験は?

筆者は海外旅行でプライオリティパスを利用したラウンジ・食事を体験することを旅の楽しみとしています。

筆者がコロナ後の旅行で実際に利用した実体験をまとめているので、参考にしてもらえると嬉しいです。

世界のプライオリティパスラウンジまとめ

>> 【まとめ】世界10ヵ国超のプラパスラウンジ体験談・ランキング

 

 

海外:アジア

>> 【韓国】仁川国際空港 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【台湾】桃園国際空港T1 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【香港】香港国際空港 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【マレーシア】クアラルンプール国際空港2 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【ブルネイダルサラーム】ブルネイ国際空港 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【ベトナム】ホーチミン・タンソンニャット空港プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【ベトナム】ノイバイ国際空港T2 プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【カンボジア】シェムリアップ空港プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【モンゴル】チンギスハーン空港プライオリティパスラウンジ体験談

>> 【アラブ首長国連邦】ドバイ国際空港 プライオリティパスラウンジ体験談