ミニマリスト品川太郎の雑記ブログ 〜海外旅行・家電やサービスの体験談紹介〜

品川区在住ミニマリストが海外旅行やサービス体験談を発信中。週末や連休は弾丸日程でも海外旅行に行きたい(願望)。

※本サイトはプロモーションが含まれています。

 

Klook 初回予約10%OFFクーポンコード:「APP10TW
アクティビティ600円OFFクーポンコード:「KLKKTC600

Klook.com

【実録】マカオ旅行の費用は? 1泊2日弾丸一人旅の総額費用 航空券代・宿泊費・食費・通信費・交通費・観光費など実費公開

 

◆このページを読むのにおすすめな人◆
  • コロナ後のマカオ旅行を計画している人
  • 週末の土日を使って1泊2日弾丸海外旅行をしたい人
  • 安く楽しめる近場の海外旅行先を知りたい人

このページで紹介する内容は、、

【マカオ、1泊2日1人旅の総額費用と詳細内訳】

 

マカオ旅行の費用はいくら必要? 1泊2日弾丸一人旅の総額費用公開 航空券代・宿泊費・食費・通信費・交通費・観光費など実費公開

【実録】マカオ旅行の費用は? 1泊2日弾丸一人旅の総額費用 航空券代・宿泊費・食費・通信費・交通費・観光費など実費公開

 

 

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

【自己紹介】ほぼ毎月弾丸海外旅行に行くサラリーマン

◆プロフィール◆
  • 品川区在住のサラリーマン
  • 趣味は海外旅行
  • 連休はほぼ海外へ渡航
  • 通算20ヵ国以上(コロナ後に10ヵ国以上)
  • 海外旅行のスタイルは【定番観光地を効率的に巡る】

 本文はここから
 

 

【はじめに】①マカオは旅行しやすい?

【はじめに】①マカオは旅行しやすい?

◆ポイント◆
  • 日本から片道4時間〜5時間で行ける海外の都市
  • 旧ポルトガル領の中国の自治区のため、ヨーロッパ文化や中国文化が混在している
  • 世界遺産の街並みや東洋のラスベガスとも言われるカジノなど、魅力的な観光スポットが多数あり
  • マカオへ直行便で行く方法や、香港からバス・フェリーで行くルートがある

 

マカオの魅力

マカオは、日本から比較的簡単にアクセスできる海外の都市です。片道の飛行時間はわずか4時間から5時間ほどで、アジアに位置する中国の広東省に隣接する特別行政区域です。この特異な地理的位置のおかげで、マカオはヨーロッパ文化と中国文化が見事に融合した魅力的な場所として知られています。

 

マカオはかつてポルトガルの植民地であり、その影響が今も色濃く残っています。ポルトガル風の建築物や教会、美味しいパステル・デ・ナタ(ポルトガル風エッグタルト)が街中で楽しめます。同時に、中国の文化も豊かに表れており、寺院や伝統的なお祭りなども体験できます。この文化の融合は、訪れる人々に新鮮な魅力を提供しています。

 

観光スポット

マカオには世界遺産に登録された美しい街並みが広がっており、ポルトガル植民地時代の足跡を感じることができます。また、東洋のラスベガスとも称されるカジノリゾートも多く、夜遊びを楽しむのに最適です。ショッピングモールやレストラン、エンターテイメント施設も充実しており、多彩な楽しみ方が可能です。

 

アクセス方法

マカオへのアクセスは非常に便利です。日本から直行便で行くことができる他、香港からバスやフェリーを利用しても簡単に到達できます。特に香港からのアクセスは頻繁で、観光客にとって便利なルートの一つです。

総じて言えることは、マカオは多彩な文化と観光スポット、容易なアクセス方法を提供する魅力的な旅行先であるということです。ぜひ一度足を運んで、その魅力を体験してみてください。

【参考】マカオ旅行のモデルコース

>> マカオ1泊2日観光モデルコース

 

【参考】香港-マカオ間移動方法

>> 香港空港からマカオへバス・フェリー移動体験談

 

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】②マカオ1泊2日一人旅の費用はいくらかかる?

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】②マカオ1泊2日一人旅の費用はいくらかかる?

◆ポイント◆
  • 総額8万〜15万程度
    • 筆者の場合、外資系LCC香港エクスプレスの航空券が安いタイミングで予約したため、10万円以内に納めることができた

 

マカオ1泊2日の一人旅の費用は、一般的に8万円から15万円程度が目安とされています。この予算には、航空券、宿泊費、食事、観光、ショッピングなどが含まれます。

【参考】マカオ旅行の現金事情

>> マカオ旅行の現金両替・キャッシング体験談

 

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】③マカオ旅行の費用の詳細は?

航空券代

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】③マカオ台湾旅行の費用の詳細は?

◆ポイント◆
  • マカオへの直行便:7万〜10万円
    • マカオ航空でマカオ空港行きに登場する航空券代
  • 香港への直行便:4万円〜12万円
    • 外資系LCCの香港エクスプレスを利用すると5万円前後で購入が可能
    • キャセイパシフィック航空、ANA、JALを利用すると10万円前後になることも

 

マカオへの直行便で行く場合

マカオへの直行便の航空券代は一般的に7万円から10万円程度が目安です。これらの便は主にマカオ航空で提供され、マカオ空港行きのチケットとして購入できます。

 

香港への直行便で行く場合

香港への直行便の航空券代は4万円から12万円まで幅広く変動します。特に外資系LCC(格安航空会社)である香港エクスプレスを利用すると、5万円前後で航空券を購入できることがあります。一方、キャセイパシフィック航空、ANA、JALなどの主要航空会社を利用する場合、航空券代は10万円前後になることもあります。

航空券代は予約時期や季節によって変動するため、お得なタイミングを狙って予約することが重要です。また、直行便と乗り継ぎ便の選択や、フライトクラス(エコノミークラス、ビジネスクラスなど)によっても価格が異なるため、予算と旅程に合った選択肢を検討することがおすすめです。

 

宿泊費・ホテル代

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】③マカオ台湾旅行の費用の詳細は?

◆ポイント◆
  • 通常のホテル:1泊15,000円〜
    • 無名のローカルホテルを利用する場合
    • 最低でも1.5万円のホテルのため、サービス品質や部屋のクオリティーは低くはない
  • 高級ホテル:1泊3万円〜
    • カジノ併設のホテルの場合安くても3万円以上はかかり、10万円近くする部屋も

 

通常のホテルに宿泊する場合

通常のホテルに宿泊する場合、1泊あたりの料金は約15,000円から始まります。これらのホテルは無名のローカルホテルであっても、最低でも1.5万円程度はかかります。しかし、サービス品質や部屋のクオリティーは一般的に低くはなく、快適な滞在を楽しむことができます。

 

高級ホテルに宿泊する場合

高級ホテル、特にカジノ併設のホテルを選ぶ場合、1泊あたりの料金は3万円以上から始まります。一部の高級ホテルでは、部屋料金が10万円近くになることもあります。これらのホテルは贅沢な設備やサービスを提供し、特別な体験を求める旅行者に向いています。

宿泊費はホテルのクラス、立地、シーズンなどによって大きく異なります。予算や滞在の目的に合わせて選択することが重要です。マカオには幅広い宿泊オプションがあり、旅行者が快適な宿泊施設を見つけることができるでしょう。

 

交通費

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】③マカオ台湾旅行の費用の詳細は?

◆ポイント◆
  • 香港-マカオの移動手段:片道5,000円前後
    • バス・フェリーで香港とマカオを行き来する場合の費用
  • マカオ内の交通手段:無料〜片道6パタカ(=120円)
    • 主要観光地やホテル・カジノには無料のカジノバスで移動できる
    • ローカルバスを利用する場合は片道6パタカから乗車できる

 

香港-マカオの移動手段

香港からマカオへの移動手段として、バス・フェリーが一般的です。片道の移動費用は約5,000円前後が目安です。香港とマカオは比較的近い距離に位置しており、フェリーを利用することで効率的に移動できます。航路によって料金が異なるため、予算とスケジュールに合った選択肢を検討しましょう。

 

マカオ内の交通手段

マカオ内での移動手段は比較的リーズナブルです。一部の主要観光地やホテル・カジノでは、無料のカジノバスが運行されており、これを利用することで移動費用を節約できます。また、ローカルバスも利用でき、片道の運賃は一般的に6パタカ(約120円)から始まります。公共交通機関は観光地をカバーしており、便利な移動手段として利用できます。

マカオの交通費は比較的手頃で、観光地へのアクセスも良好です。公共交通機関を活用して、効率的に観光を楽しむことができます。

 

食費

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】③マカオ台湾旅行の費用の詳細は?

◆ポイント◆
  • ローカル屋台:1食500円〜1,000円
  • ローカルレストラン:1食1,500円〜5,000円
  • 中〜高級レストラン:1食3,000円〜
    • マカオ現地の屋台を利用する場合は1,000円未満
    • テーブルで注文・食事をする店舗は1,500円以上
    • ホテルやショッピングモール内のレストランは3,000円ほどはする

 

ローカル屋台

マカオではローカルな屋台で美味しい食事が楽しめます。ローカル屋台では、1食あたり500円から1,000円程度で食事ができます。現地の味を気軽に楽しむことができるリーズナブルなオプションです。

ローカルレストラン

ローカルレストランでは、1食あたり1,500円から5,000円程度が一般的です。ここで提供される料理は、地元の味を堪能する絶好の機会です。テーブルで注文し、食事を楽しむスタイルの店舗が多いです。

 

中〜高級レストラン

中〜高級レストランでは、1食あたり3,000円から始まります。特にホテルやショッピングモール内にあるレストランは、3,000円以上かかることが一般的です。こうしたレストランでは、洗練された料理やサービスを楽しむことができます。

食事費は予算や好みに応じて選択できる幅広いオプションがあります。ローカルな味覚から高級なグルメまで、マカオは食事愛好家にとって魅力的な選択肢を提供しています。

【参考】マカオ旅行のキャッシュレス決済事情

>> マカオ旅行でVISAタッチ決済を利用した実体験  

 

スマホ通信費

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】③マカオ台湾旅行の費用の詳細は?

◆ポイント◆
  • 総額1,000円程度
    • 3日間820円のSIMカードを事前にAmazonで購入
    • 香港・マカオどちらでも使える点が大きい
    • 現地のフェリーターミナル・バスターミナルの自販機でも購入可能

 

通常、マカオでのスマホ通信費用は総額1,000円程度で賄えます。これにより、旅行中にインターネットにアクセスし、地図や情報を利用することが可能です。

 

SIMカードの購入

事前にAmazonなどで購入できる、3日間の有効期限を持つ820円程度のSIMカードが便利です。このSIMカードは香港とマカオの両方で使用できるため、どちらに行く場合でも利用可能です。また、現地のフェリーターミナルやバスターミナルの自販機でも購入できることがあります。

マカオでのスマホ通信費用は比較的リーズナブルで、インターネットを利用して観光情報を調べたり、連絡を取ったりするのに便利です。SIMカードの購入は、旅行者にとってスマートな選択肢です。

 

観光費・アクティビティ

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】③マカオ台湾旅行の費用の詳細は?

◆ポイント◆
  • 1施設あたり0円〜4,000円
    • 世界遺産の街並みや教会などは観光無料
    • マカオタワーに入場する場合は約4,000円の入場料がかかる
    • カジノの費用は自己責任で・・

 

施設ごとの費用

マカオの観光施設やアクティビティの費用は、場所や内容によって異なります。一般的に、観光名所や世界遺産の街並み、教会などは観光が無料で楽しめます。しかし、一部の有料アトラクションや施設には入場料が必要です。入場料は1施設あたり0円から4,000円程度まで幅広くあります。

 

マカオタワー

マカオタワーへの入場は、約4,000円の入場料がかかります。このアイコニックなタワーからは素晴らしい景色を楽しむことができ、写真撮影スポットとしても人気です。高さのある絶景を楽しむために訪れる価値があります。

 

カジノの費用

マカオはカジノで有名ですが、カジノの費用は自己責任でかかります。ギャンブルを楽しむ場合、賭け金やゲームに応じて支出が変動します。予算を設定し、責任を持って楽しむことが大切です。

観光費用とアクティビティは個人の好みや予算に合わせて選択できます。無料の観光名所や街並みを楽しむこともできれば、特別なアクティビティを楽しむことも可能です。旅行プランに合わせて観光スポットを選んで、楽しい滞在を計画しましょう。

 

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】④1泊2日マカオ旅行の注意事項は?

【マカオ1泊2日一人旅総額費用】④1泊2日マカオ旅行の注意事項は?

◆ポイント◆
  • マカオには香港経由で入国した方が費用が安いが、フェリー・バスの移動時間・待ち時間を踏まえるとマカオへの直行便の方が観光時間が長くなる
    • フェリー・バスともに乗船・乗車時間は1時間ほどだが、チケット購入は30分〜1時間前に締め切る他、タイムスケジュールの兼ね合いもあり2時間〜3時間は見積もった方がいい
  • 日本からの観光客は現金のみしか使えない場合が多い
    • 中国系のキャッシュレスのみ利用できる場合があり、VISAやAMEXなどのクレジットカードが使えないこともある
  • 無料のカジノバスは待ち時間が発生することもあり、目的地に直接行けないことも
    • 便数は多いが利用者も多く、路線も限定的で乗りこなすにはコツがいる

 

交通手段

マカオへのアクセス方法を選ぶ際に、香港経由の安い航空券を選ぶことができますが、フェリーやバスの移動時間や待ち時間を考慮すると、マカオへの直行便を利用することで観光時間をより長く確保できます。フェリーとバスの乗車時間は約1時間程度ですが、チケットの購入締め切りやタイムスケジュールの兼ね合いを考慮し、2時間から3時間は余裕を持って計画しましょう。

 

現金とキャッシュレス

マカオでは、日本からの観光客が現金のみを使える場合が多いです。一方、中国系のキャッシュレス決済を利用できる場所もあり、VISAやAMEXなどのクレジットカードが使えないことがあるため、現金とキャッシュレスの両方を持参することをおすすめします。

 

無料バス

無料のカジノバスは便利な移動手段ですが、待ち時間が発生することもあり、目的地に直接行けないこともあります。また、便数が多いため利用者も多く、路線が限定的なため、乗りこなすにはコツが必要です。スケジュールに余裕を持たせて利用することを考慮しましょう。

マカオ旅行では、これらの注意事項を考慮して計画を立てることで、スムーズで楽しい旅行を実現できます。

 

Klook.com

 

【まとめ】マカオ1泊2日弾丸一人旅の総額費用はいくらかかる?

【まとめ】マカオ1泊2日弾丸一人旅の総額費用はいくらかかる?

  • 総額8万円〜15万円程度で2日間満喫できる
  • 香港経由かつ香港エクスプレス利用で航空券を5万円程度に抑えることもできるが、香港からマカオへ往復する時間がかかる
  • マカオ内は無料のカジノバスを利用すれば交通費用はかからない
  • カジノで勝てば出費を減らすこともできるが、あくまで自己責任で

 

マカオ1泊2日の弾丸一人旅の総額費用は、一般的に8万円から15万円程度で十分楽しむことができます。以下にポイントをまとめます。

 

香港経由の安い航空券を利用することで、航空券代を5万円程度に抑えることができます。ただし、香港からマカオへの移動には時間がかかることを考慮しましょう。

無料のカジノバスを利用すれば、マカオ内の交通費用を抑えることができます。

 

マカオはカジノで有名であり、勝利すれば出費を減らすことも可能ですが、ギャンブルには自己責任が伴います。

 

マカオ1泊2日の旅行は多彩な文化と観光スポット、美味しい食事を楽しむ絶好の機会です。予算や好みに合わせて計画し、素晴らしい体験を楽しんでください。

 

【さいごに】マカオ以外にも旅行しやすい国は?

【さいごに】マカオ以外にも旅行しやすい国は?

マカオ以外にも日本から週末弾丸海外旅行できる国はいくつもあります。

筆者が実際に弾丸旅行した国とその実体験をもとにしたモデルコースをいくつか紹介しているので、参考にしてもらえると嬉しいです。