ミニマリスト品川太郎の雑記ブログ 〜海外旅行・家電やサービスの体験談紹介〜

品川区在住ミニマリストが海外旅行やサービス体験談を発信中。週末や連休は弾丸日程でも海外旅行に行きたい(願望)。

※本サイトはプロモーションが含まれています。

 

Klook 初回予約10%OFFクーポンコード:「APP10TW
アクティビティ600円OFFクーポンコード:「KLKKTC600

Klook.com

ミニマリスト流 節電・暖房方法! 不要な物を持たず、暖房も使わない節電方法紹介

このページを読むのにおすすめな人

  • 電気代を節約したい人
  • なるべく物を持たないミニマリスト
  • 海外旅行などの資金を作りたい人

ミニマリスト流 節電・暖房方法! 不要な物を持たず、暖房も使わない節電方法紹介

 

ここ最近は電気代の値上がりが注目されており、家計を圧迫するケースも増えているかと思います。

筆者は趣味が海外旅行なので海外旅行を行くためのお金を捻出しながら生活をしていますが、日々の電気代が値上がりすることで貯金がややしにくくなると感じています。

 

加えて極力不要な物を持たないミニマリスト生活をしているため、電気代の代わりになる暖房グッズをなるべく買いたくないとも思っています。

そこで今年の冬にかけて筆者が取り組んでいる、節電しながら温かくなる方法を紹介します。

ミニマリスト流 節電・暖房方法! 不要な物を持たず、暖房も使わない節電方法紹介

 

【やめること】暖房器具を使わず極力節電する

f:id:aihtditsmb:20230131201555j:image

節電しながら温かくなる方法として、まずはやめるべきことを整理します。

1.エアコンをつける

f:id:aihtditsmb:20230131201614j:image

最も効果的に部屋を温める方法はエアコンですが、毎日エアコンを暖房としてつけているだけでも、当たり前ですが電気代がかかります。

今回はエアコンを使わない節電方法ということにします。

 

2.ホットカーペットをつける

f:id:aihtditsmb:20230201214152j:image

床から温める方法としてホットカーペットがありますが、エアコン並みに電気代がかかるのと、温まる箇所が限定的なので使わないこととします。

 

3.夜更かしする

f:id:aihtditsmb:20230131202212j:image

日の出でいない夜のほうが気温が低く、照明だけでも電気代がかかるため、夜更かしはしないことをおすすめします。

 

4.不要な照明をつけたまま

f:id:aihtditsmb:20230131202221j:image

昔からよく言われていることですが、使わない部屋の電気をつけたままは無駄な電気代がかかります。こまめに消すことが良いでしょう。

 

5.不要な家電をコンセントに刺したまま

f:id:aihtditsmb:20230131201536j:image

使っていない家電はコンセントに刺しているだけでも電気代を消費するため、不要な家電はコンセントから抜きましょう。

 

6.不要な暖房器具を買わない

不要な暖房器具を買わない

ミニマリストとして不要な物を買わない原則のもと、不要な暖房器具や暖房グッズも買わない方針とします。

エアコンの代わりに暖房を買っても、かえって電気代が高くなるため、暖房を買うくらいならエアコンをつけたほうがまた節約になります。

 

【やること】家電を使わず体が温まる方法

【やること】家電を使わず体が温まる方法

次にエアコンや暖房器具を使わずに温かくなる方法を紹介します。

 

1.厚着する

f:id:aihtditsmb:20230130230252j:image

シンプルかつ効果的なのは厚着することです。

例えばヒートテックやフリースを着るなどです。

筆者はエアコンも暖房もつけないため、10℃くらいの室温の部屋にいますが、常に3枚〜4枚は着込んでいます。

ヒートテック+ニット+フリースを着ていれば割と温かく感じます。

※普段使いにも北極圏の防寒装備にも使えるユニクロのおすすめ商品紹介はこちら。

 

2.早寝早起きする

f:id:aihtditsmb:20230131202235j:image

夜更かしするのと反対で、早寝早起きするだけでも節電になります。

朝6時くらいに起きれば日は出ているため、夜よりも温かく感じます。

また、早起きすることで一日を長く使えるなど様々なメリットがあります。

 

3.鍋やスープを飲む

鍋やスープを飲む

手っ取り早く体の芯から温める方法は鍋やスープの汁物を食べることです。

鍋を自炊すると野菜を多く食べられ、外食するよりも健康的かつ節約につながります。

 

4.布団に包まる

f:id:aihtditsmb:20230201214211j:image

どうしようもなく寒いときは布団や毛布に包まるしかないです。

足を毛布で温めるだけでも温かく感じられるため、椅子に座りながらも毛布を使うことをおすすめします。

 

5.運動する

f:id:aihtditsmb:20230131202842j:image

寒いときこそ運動することをおすすめです。

外は出るのは躊躇ってしまう場合、室内でストレッチや筋トレすることが良いです。

特に体の大きな筋肉を動かすのが温かく感じるため、どこでもでいるスクワットが良いでしょう。

 

6.温泉やサウナに入る

f:id:aihtditsmb:20230201213734j:image

自宅ではなかなか難しいですが、休日は温泉やサウナで体の芯から温まることがおすすめです。

特にサウナ血流も良くなり整うため、リラックスする娯楽としても良いです。

日本よりも寒い北欧フィンランドの人たちは家庭にサウナがあり、寒さから体を温めながら暮らしています。

※日本よりも寒く日照時間が少ないフィンランドが幸福度世界一の理由については、こちらのブログで紹介しています。

【まとめ】暖房器具を使わず体の芯から温まる

【まとめ】暖房器具を使わず体の芯から温まる

  • エアコンや暖房の代わりに着込む
  • 夜更かしせず早寝早起き
  • 鍋を自炊して温まる
  • たまには温泉やサウナで芯から温まる

 

【さいごに】暖房器具以外の節電・節約方法

【さいごに】暖房器具以外の節電・節約方法

一日あたりの節約金額は大したことがないですが、今後の電気代値上がり次第ではバカにならない額になる恐れがあります。

ミニマリストとして不要な物を買わない、使わない生活をして、本当にやりたいことにお金を使える生活をおすすめします。

 

※ロボット掃除機・洗濯乾燥機・食器洗い乾燥機の3つを使いこなすことで、年間いくら節約できるかはこちらのブログで紹介しています。

※食洗機を利用することで節約・時短につながる理由はこちらのブログで紹介しています。

※ドラム式洗濯乾燥機を買うことで、結果的に節約につながる理由をこちらのブログで紹介しています。

※ロボット掃除機を利用することで家事の効率化につながる事例はこちらのブログで紹介しています。

※その他、毎日実践して年間100万円以上の貯金を生む出す節約術はこちらのブログで紹介しています。

※飲み物代の節約方法はこちら

※家賃の高いタワーマンションよりもアパートの方が暮らしやすい理由もこちらのブログで紹介しています。

 

また、今回のような暖房を使わない生活をしているおかげで、北極圏へ旅行したときもそれほど寒さを感じませんでした。

寒い地方だからこそ楽しめることもあるため、冬は思い切りそんな楽しみ方をしてみるのも良いと思います。

ミニマリストが海外旅行する際に持っておくべく持ち物はこちらのブログにまとめています。

 また、他にも物を持たずに節約するミニマリスト生活で得た体験談を紹介しているので、チェックしてもらえると嬉しいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ