ミニマリスト品川太郎の雑記ブログ 〜海外旅行・家電やサービスの体験談紹介〜

品川区在住ミニマリストが海外旅行やサービス体験談を発信中。週末や連休は弾丸日程でも海外旅行に行きたい(願望)。

※本サイトはプロモーションが含まれています。

 

Klook 初回予約10%OFFクーポンコード:「APP10TW
アクティビティ600円OFFクーポンコード:「KLKKTC600

Klook.com

食費を節約したいミニマリストにおすすめな食べ物 短時間でボリュームと栄養を満たす食べ方7選紹介

このページを読むのにおすすめな人

  • 日々の食費を節約したい人
  • 自炊のモチベーションが上がらず楽に食べたい人
  • いつもの食事に飽きている人

 

日々の出費を減らして貯蓄を作り、将来のための資金や投資に回す生活を送りたい人は多いと思います。

前回はミニマリスト視点で飲料水を節約する方法を紹介しました。

今回は水ではなく食事の節約術を紹介します。

単に節約という意味では家で自炊さえできれば食費を安く済ませることができると思います。

 

しかしながら、毎日仕事で遅くまで働く社会人や一人暮らしで毎日時間かけて調理するのが面倒な人も中にはいると思います。

 

紛れもなく筆者もその1人で、ミニマリストとして節約してお金を浮かしたいと考えていますが、毎日毎食調理をするのは面倒に感じ、節約しつつも簡単に食べられる方法を日々考えながら実践していました。

※管理栄養士の方とも実際にお話したこともありました。

 

今回はその実体験をもとに簡単に食費を節約できる方法を7つ紹介します。

食費を節約したいミニマリストにおすすめな食べ物 短時間でボリュームと栄養を満たす食べ方7選紹介

 

①冷凍宅配弁当

手軽さと栄養バランスを満たせる食事としては、冷凍宅配弁当がおすすめです。

よく広告に出てくるナッシュがその一例です。

 

一食500円程度で、自宅に届く冷凍弁当を電子レンジで温めるだけで食べられます。

 

メニューも豊富で毎日食べても飽きない程度のラインナップがあります。

 

そしてなんと言っても管理栄養士が監修している食事のため、栄養バランスに優れていることから、コスト、手軽さ、バランス的にも最も優れている食事の一つだと思います。

 

筆者も何度か利用していますが、冷凍弁当はあまり美味しくない印象を元々持っていました。

 

しかし実際に食べてみると想像以上に美味しく、メニューもいくつかあるため飽きずに食べられています。

 

ちなみに筆者のおすすめはハンバーグ系メニューです。

ボリュームもしっかりしていて満腹感を得られます。

 

②冷凍パスタ

スーパーで買える冷凍食品で価格的に安いのは冷凍パスタです。

 

1食100円〜200円で食べられます。

ラーメンや汁なし坦々麺、チャーハン系の冷凍食品も多数ありますが、その中でも価格が安いのは冷凍パスタです。

 

冷凍パスタにもいろいろな種類がありますが、筆者がおすすめするのは冷凍生パスタです。

 

パスタの麺が生パスタのため、太めでコシがあり自宅ではなかなか食べられない品質です。

このレベルのパスタを100円ちょっとで食べられるのは満足度はかなり高いと思います。

 

栄養的には生パスタ一つでは不十分かもしれないですが、後述する具材と組み合わせて、1食500円未満で食べられるのは食費を抑えたい人にとっては良い選択肢だと思います。

 

③冷凍うどん

ある程度の調理ができるなら、冷凍うどんがおすすめです。

200円程度で5玉分入っているうどんで、1分ほど茹でれば食べられるため、ほとんど時間もかかりません。

 

うどんだけでは食べられないため、麺つゆやキムチ、卵などと合わせて食べることをおすすめします。

 

思いの外、冷凍であっても十分な品質なので、多少の調理をする余裕のある人にはおすすめです。

 

④冷凍野菜

先に挙げたような食事で、栄養バランスの偏りが気になったり、満腹感が得られない場合は、冷凍野菜を加えるのをおすすめします。

 

ブロッコリー、カリフラワー、オクラなどがその代表例です。

最近はスーパーやコンビニに売っているため、入手も簡単なはずです。

 

冷凍野菜と聞くと、生の野菜と比べて味が落ちる印象がありますが、実際に食べてみると気になるような差はないように思います。

 

食べ方としては、ブロッコリーやカリフラワーをライス代わりにしたり、パスタやうどんの中に入れたりと、食べたい量だけ入れられる点が便利です。

 

⑤インスタント味噌汁

冷凍野菜よりも手軽にメジャーなのがインスタントの味噌汁です。

 

お湯さえあれば味噌汁が1食分食べられ、コストも安いためおすすめですが、味噌汁だけで満腹感を得るのは相当難しいため、他の食事に1品追加する際に使うメニューです。

 

最近は健康志向の商品も多く、タニタ食堂のインスタント味噌汁などが出ているため、栄養バランスや塩分を気にする人にはおすすめです。

 

⑥大容量の肉

ここまで紹介したない中にはタンパク質が多く含まれるメニューがなく、中には肉をたくさん食べたい人もいるかもしれません。

 

そんな人にはスーパーで大容量の肉を買うのがおすすめです。

例えば、ハナマサなどで1kgくらいの挽き肉や豚肉、鶏肉などです。

 

一人暮らしで一度に消費するのは難しいですが、冷凍保存すれば問題ないはずです。

 

調理することにはなりますが、挽き肉であればそのままフライパンに出し、キムチや卵でなど簡単な具材で炒めるメニューがおすすめです。

 

栄養的には微妙かもしれないですが、満腹感を得られやすいため、ジャンクフードが食べたい人は試してみると良いでしょう

 

カップ

もはや紹介する必要はないですが、コスパと手軽さ最強カップ麺です。

 

冷凍パスタは入れ物を洗う手間が発生しますが、カップ麺の容器は使い捨てのためその手間もないです。

 

栄養素的な問題は多分にあるため、どうしても食べたいときは良いですが、基本的には冷凍宅配弁当や冷凍野菜と使い分けするのをおすすめします。

 

さいごに

f:id:aihtditsmb:20230127224128j:image

良い食事と節約はある種トレードオフな部分もあって仕方ないのかもしれません。

 

しかしながら、自分自身にとって許容できる価格で食べたいものを食べる方法を探していく努力は継続するべきことなので、参考にしてみてください。

 

このページが良かったらいいねと読者登録お願いします。

他にもミニマリスト生活を送る上で役立つ情報を発信しているので、合わせて確認してみてください。

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

ブログランキング・にほんブログ村へ